風俗予約管理CTIとの連携設定を行う

風俗店向け顧客管理システム「風俗予約管理CTI」と風俗ブラックリストネットワークを連携することで、風俗ブラックリストネットワークにブラックリスト情報を追加することができます。
また、CTIが着信を拾った電話番号が風俗ブラックリストネットワークに登録されている場合は、CTIが顧客情報とともにブラックリスト情報をポップアップします。

ポップアップ例

風俗予約管理CTIと連携する

風俗予約管理CTIについては、以下のリンクからご確認ください。

風俗予約管理CTIについて詳しくはこちら>>風俗予約管理CTI 公式ページ
  1. 風俗ブラックリストネットワークのアカウント新規登録が完了すると、ご登録いただいたメールアドレスに登録完了メールが届きます。
    メールに記載の「事業者ID」「APIキー」を確認します。
  2. 登録完了メールの記載内容を確認
  3. CTIを開き、上部メニューの「管理」から「設定」(歯車のマーク)を開きます。
  4. CTIの設定を開く
  5. 設定画面が開きます。
    「その他」(設定画面の一番右のタブ)を開き、「風俗ブラックリストネットワーク」の「事業者ID」「APIキー」欄にそれぞれ手順1で確認した「事業者ID」「APIキー」を入力し、「保存」を押します。
  6. 連携情報を入力

登録申請を行う

風俗ブラックリストネットワークにブラックリスト情報を登録する際は、事前にCTI上で店舗ごとに登録申請を行う必要があります。
登録申請画面は、CTIと風俗ブラックリストネットワークの連携完了時に自動で表示されます。

申請画面
申請
風俗ブラックリストネットワークの利用申請を行う店舗にチェックを入れます。
CTI店舗名
CTIに登録されている店舗名です。
正式な店舗名
営業店舗の正式な名前を15文字以内で入力します。15文字以上の店舗名の場合は、インターネット検索などが可能な範囲で名前を省略することができます。
店舗電話番号
店舗が公開している営業用電話番号を入力します。
業種
デリヘル、ヘルス、ソープ、ホテヘル、エステの中から、店舗の業種を選択します。
地域
事務所や店舗の存在する都道府県を選択します。
URL
店舗のウェブサイトがある場合、そのURLを入力します。④店舗電話番号で店舗をインターネット検索できる場合は入力を省略することができます。

④店舗電話番号に入力した電話番号は、ブラックリスト情報の分類に「無断キャンセル」「出禁:犯罪行為」を指定した場合に、ブラックリスト顧客に宛てて送信されるブラックリスト登録通知メールの「異議申立連絡先」に記載されます。

SMSの例

情報入力後、「登録申請」を押します。
弊社での確認後、風俗ブラックリストネットワークをご利用いただけます。

CTI上の店舗名を変更した場合は、改めて登録申請を行う必要があります。
申請画面は店舗名変更後、自動で表示されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする